Web技術系中心に割と何でも更新中

WordPressでユーザー名・パスワードを忘れた時の対処法【最終手段あり】

Blog

悩んでいる人

WordPressのログインユーザー名・パスワードを忘れて困っている人
「パスワードをうっかり忘れたらどうすればいいの?」
「ユーザー名もパスワードも忘れたんだけど詰んだ?」

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容

  • WordPress管理画面のユーザー・パスワードを忘れた時の対処法

こんにちは、mineです。
Web制作歴、WordPress歴はともに7年ほどになります。

WordPressでは管理画面が用意されており、ログインして様々な操作を行えます。

管理しているドメインの後ろにadmin、もしくはlogin.phpをつけてアクセスするとログイン画面が開きます。

(例)ログインURL

  • (1)http://example-test.com/admin/
  • (2)http://example-test.com/login.php

※(1)のほうはプラグインやWordPressの設定などによってうまくリダイレクトされないことがありました。
個人的は(2)でログインすることをおすすめします。

ユーザーとパスワードを入力してログインするわけですがユーザーもしくはパスワード忘れてしまったという経験はありませんか?

そんなピンチ時の対処法をいくつか紹介します。

WordPress管理画面のユーザー・パスワードを忘れた時の対処法

ログイン情報忘れたときの対処法

WordPress管理画面のユーザー・パスワードをを忘れてしまった場合の対処法を紹介します。

WordPressインストール時の受信メールを確認する

特に設定を変更していなければ、基本的にWordPressのインストール時、登録したメールアドレス宛てに、ユーザー名が記載されたメールが届きます。

正常にメールが受信されていれば、メールの文面からユーザー名を知ることができます。

CookieでWordPressのユーザ・パスワードが保存されているか確認

WordPressインストール時の受信メールが見つからない場合、ブラウザの履歴やCookie削除を行っていなければ、ユーザー・パスワード情報を保存されている可能性があります。入力ラベルにカーソルを合わせて、保存されているユーザーが一覧から選択すると対応したパスワードが自動的にセットされ、ログインが可能になります。

ログイン後にパスワード変更を!

Cookieが残っていてログインできたとしても、WordPressのログイン画面パスワードは非表示(●で隠れている)です。
ログイン後に管理画面より、自分もしくは権限がなければ管理者に依頼してパスワード変更を実施しましょう。

新パスワードを発行してもらう

ユーザーやパスワードを間違えて入力してログインを試みると、「ユーザー名またはメールアドレスを入力してください。新しいパスワードを作成するためのリンクをメールでお送りします。」というテキストが表示されます。

ユーザー名かメールアドレスを入力すると、WordPressインストール時に登録したEメールアドレス宛てに新パスワード発行の為のURLが送られます。URLにアクセスし、新パスワードを発行してもらい、再度新しいパスワードを使ってログインします。

【最終手段】データーベースを直接編集してパスワードを変更する

ユーザー情報を記載したメールも無く、Cookieも残っていない、WordPressインストール時に間違ったメールアドレスを登録したり忘れていたりすると、奇跡的にユーザー情報を思い出すか、偶然ユーザー情報が合致しないとログインできません。

そんな時の最終手段として、データベースで管理ユーザー情報を格納しているテーブルの直接編集するという方法があります。

データベース編集手順

  • phpmyadminにログインします
  • ログインしようとしているサイトで使用しているデータベースでwp_usersという名前のテーブルを選択します
  • パスワードを変更するユーザの行をの編集をクリックして、編集画面に遷移します
  • カラムのuser_passの関数でMD5を選択して、値にランダムな英数字が入っていると思いますが、これを「admin」と上書き入力します(※)
  • 実行するをクリックして、実行が完了するとpassには「$P$BWMCRV/fMWZPPxVRecw8IzGlYwwzsv.」という文字列(「admin」を暗号化した値)が入ります
  • パスワードの設定が終わったら、再度WordPressのログイン画面で、ユーザーとパスワードを入力して、ログインできればOKです
  • ログイン後に、管理画面上でパスワードを変更して完了です

※MD5・ランダムな英数字について

WordPressでは、ログインアカウントのパスワードはMD5というハッシュ関数でハッシュ化(暗号化のようなもの)されており、データベースでパスワードを確認しても不規則な文字列が並んでいるようにしか見えません。

まとめ

最終手段としてデータベースで強引にパスワード設定を行いましたが、直接データベースを編集するのは基本よろしくありません。本当にどうしようもない場合にだけこの方法を使ってください。

ユーザー、パスワードの保管はもちろん、インストール時に入力するメールアドレスに間違いがないかをしっかりと確認するようにしましょう。

おすすめ記事 【体験談】弁護士の退職代行で有給30日分を取得した話

おすすめ記事 「知らないから落ちる面接の4点減点法」で面接に挑んだ結果