Web技術系中心に割と何でも更新中

仕事を辞めたいという相談は誰にすべきなのか【人は肯定して欲しい】

Business

仕事を辞めたい人
「仕事がきつくてやめようかどうか迷ってる。誰かに相談したいけど、誰に相談すればいいんだろう?」

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 仕事を辞めたいという相談を誰にすべきか

こんにちは、mine(@mineblog7)です。

ブログ歴は4年ほどになります。現在はmineblogを一人で運営しています。
2回ほど転職した経験があります。

人生の中で、人は仕事を辞めたいと思うタイミングがあります。
仕事を辞めた後の事や家族のことなどを考えると、辞めるかどうか迷ってしまう場合も少なくありません。

そんなときに、誰かに相談することで背中を押してくれるかもしれません。
仕事を辞めたいという相談を誰にすべきか紹介します。

仕事を辞めることを肯定して欲しいだけ

肯定

仕事を辞めたいという人の心理について少し触れておきます。
仕事を辞めたいという相談をする時に相手から欲しい答えは「辞めていいんじゃない?」という肯定の意見です。

「仕事辞めるの考え直したら?」という答えは求めていません。
そもそも仕事を辞めたいという前提があるわけで、迷っているとは言っても、結局は仕事を辞めたいことには変わりないです。

仕事を辞めるか迷っているという相談をする時点で、正直肯定して欲しいだけなんですよ。

仕事を辞めたい時の相談相手

相談

仕事を辞めたいときの相談相手を具体的に挙げると下記の通りです。

相談相手

  • 会社の同僚・上司
  • 身近な人(家族・友人)
  • SNSコミュニティ・2ch
  • 相談窓口

それぞれ詳しく説明します。

会社の同僚・上司

相談すべきは信頼できる同僚

相談すべきなのは、あくまで信頼できる同僚です。性格や仕事のそりが合わなかったり、相談内容をべらべらと喋ってしまう人間には相談者すべきではありません。

上司は引き止められる可能性がある

上司に相談した場合、あなたが非常に優秀で会社が手放したくない場合や、後任を探すのが面倒な場合に会社に引き止められる可能性はあります。

身近な人(家族・友人)

家族がいると辞めづらい問題

家族(夫or妻)に相談すると、将来の不安から「もう少し頑張ろうよ」という意見がでることは不思議ではありません。確かに不安ですもんね。小さな子どもがいたらなおさらですね。

ここは非常に難しい問題です。自分が仕事を辞めたい気持ちと家族を天秤にかけてどこかで折り合いをつけるしかありません。

仕事に無関係な友人に相談するのはおすすめ

逆に、友人(仕事に無関係な人)に相談すると、仕事を辞めることに関して背中を押してくれるかもしれません。僕がもし仕事を辞めたいと相談されたら、即答で「辞めていいよ」と答えますね。

SNSコミュニティ・2ch

TwitterやFacebook、もしくは2chとかでもいいですが、仕事を辞めたいと愚痴をこぼすのも一つの手です。SNSや仕事辞めたいと愚痴をこぼして誰からか反応を貰うだけでも、心が落ち着くことはあります

仕事とは全く関係ない人に相談すると案外仕事を辞めることに対して肯定してもらえたりします。

相談窓口

仕事を辞めたいことをどうしても周りに相談できない人は一定数います。

また、仕事を辞めたいけど近しい人に相談できる精神状態ではない人もいます。いわゆるノイローゼや鬱の人などは、そのまま仕事を続けていると最悪の結果を招きかねません。

誰にも相談できない人は下記の窓口に相談して話を聞いてもらうだけでもいいと思います。

厚生労働省が紹介する電話相談窓口

厚生労働省が、様々な電話相談窓口を紹介しています。
「こころの健康相談統一ダイヤル」、「よりそいホットライン」、「いのちの電話」といった窓口の電話番号も記載されています。

全国職業相談センター

仕事を辞めたい人のための相談窓口です。相談内容に対しての解決策を提供してくれます。解決する際に費用がかかる場合は、事前に説明をしてもらえます。
相談は無料なので、どうしても相談できない人は問い合わせしてみてください。

相談は不要ではないかという話

相談は不要

相談相手について色々と紹介しました。
本末転倒になってしまうのですが、個人的な意見としては「そもそも相談なんて不要」です。

だって、辞めたいんですよね?今の仕事を続けるのが苦痛なんですよね?
「家族もいるし、将来が~」、「転職が大変そう~」という意見があるのは承知していますが、だからといって仕事を辞めたくないとはならないですよね。

そこで、仕事を辞めたい場合に、外部サービスを利用するという方法があります。

外部サービス

  • 転職エージェント
  • 退職代行

それぞれ詳しく紹介します。

転職エージェント

仕事辞めたいけどやめられない理由の一つとして、転職の手間が挙げられます。
それなら転職で先に転職先を決めてしまえば、家族がいた場合でも退職の障壁を崩すことができます。

転職活動が大変そうなら、転職エージェントを使ってみるのも一つの手です。

退職代行

辞める辞めないの相談ではなくて、相談して即刻退職することができるのが、退職代行サービスです。

ちなみに、僕は弁護士に退職代行を依頼して、有給30日分を取得して即日退職した経験があります。
めちゃくちゃ楽です。余計なことを考えなくていいので。
» 汐留パートナーズ法律事務所で無料相談してみる

【参考】弁護士の退職代行を利用した話

とりあえず退職してから、次の職を探してもいいと思います。
僕は2回転職しましたけど、いずれも退職してから転職活動しましたからね。

まとめ

仕事辞めたいという相談は誰にすべきか、再度まとめます。

【結論】:仕事を辞めることを肯定してくれる人にすべき。極論、相談は不要。

ポイント

  • 仕事を辞めたいという人は、辞めることを肯定してほしい
  • 辞めることを肯定してくれる相手に相談すべき
  • 外部サービスを利用するのも一つの手
無理して仕事を続けたとしても、その後生活がうまくいくとは思えません。
各々家族とか仕事の責任とか状況は様々だとは思いますが、個人的には仕事を辞めたいと思ったら、すぐ辞めるべきだと思います。

おすすめ記事 【体験談】弁護士の退職代行で有給30日分を取得した話

おすすめ記事 「知らないから落ちる面接の4点減点法」で面接に挑んだ結果