Web技術系中心に割と何でも更新中

【らあめん広】秋葉原で広島ラーメン・広島つけ麺を食べてきました

Gourmet

こんにちは、mine(@mineblog7)です。

ブログ歴は4年ほどになります。現在はmineblogを一人で運営しています。

秋葉原にある広島ラーメン・広島つけ麺専門の「らあめん広」というお店に行ってきました。

全くタイプの違う広島ラーメンと広島つけ麺

普段あまり耳にしない広島ラーメン・広島つけ麺ですが、具体的には下記のようなものらしいです。

広島ラーメンとは?

麺は大多数の店舗では製麺所製の中細麺(一部においては自家製)を基本形としている。
スープは一般的な古くからある「広島ラーメン」の基本形としては醤油味のタレに豚骨、鶏ガラ、野菜などを濁るまで煮出したスープを注いで茶褐色に濁った(言わばコーヒー牛乳的な色)類に仕上げる「豚骨醤油」スープ。豚骨ベースとはいえ、かなりあっさりしている。
広島ラーメン – Wikipedia

広島ラーメンは基本的に中細麺の豚骨醤油スープであっさりしているラーメンのようです。

広島つけ麺とは?

関東地方などで広く知られるつけ麺とはやや趣が異なり、中華麺・チャーシューなどと共に、キャベツなどの茹で野菜やゆで卵が具材として添えられているのが特徴。つけだれもしょうゆベースのつけだれに唐辛子・ラー油・酢・ごまなどの入った辛口(激辛)のたれが基本となっている。
広島つけ麺 – Wikipedia

広島つけ麺は広島ラーメンとはまた全然違って辛口なところが特徴のようです。

広島ラーメン・つけ麺専門店「らあめん広」

らあめん広

大通りより少し外れた場所に店を構える

らあめん広の店の前で撮影しました。(道を間違えたので違う方向から写真を撮っています。店に向かって左へ進むと秋葉原駅です。)

お店に行った日は平日で、時間はだいたい20時くらいでした。

秋葉原駅から徒歩5分でアクセス良好

秋葉原駅から徒歩5分ほどのところにあるのでアクセス良好です。

秋葉原駅昭和通り口改札(ヨドバシカメラの入口前)を出て首都高下の信号を渡って、左へ曲がり、一つ目の道を右に曲がると、麺屋武蔵武仁が見えます。その道をまっすぐ行くとらあめん広は見えてきます。入る道を間違えやすいので注意(僕は間違えました。)

夜はスーツ姿の怪しいお兄さんや若いお姉さんがちらほら立っていますが、スルーしましょう。

店の外観

らあめん広(縦)

店の壁には大きく「広」の文字が

店名に広島の「広」の字がついています。店主の故郷である広島の広をとっています。
黒と赤を基調とした落ち着いた雰囲気のお店です。

らあめん広店の前

広島豚骨醤油

赤は広島カープの赤だとか何とかいう噂(店主はカープファン)。
のれんには広島豚骨醤油の文字がでかでかと、のれんの右下には「らあめん元」のロゴが。

らあめん広の店主はもともと板橋区にある鶏塩ラーメンの名店「らあめん元」で修行しており、その時から顔なじみでした。

店内の雰囲気

らあめん広店内

カウンター席のみ

この時、たまたま店が空いていて、お客さんは2人だけだったのでラッキーでした。店主の話では、めちゃくちゃ忙しい時間帯もあれば、めちゃくちゃ暇な時間帯もあるらしいです。
最近では、テレビ朝日のお願いランキングに出たり、有名グルメ雑誌大人の週末に掲載されたりした影響でお客さんが増えたとか。

注文したメニュー

入口入ってすぐに券売機があるので、そちらで券を購入します。
確か券売機は1万円札と5千円札が使えないので、千円札を前もって用意しておくとスムーズです(店員さんに言えば両替してくれます)。

今回注文したもの(2人分)

  • 広島らあめん(700円)
  • 広島つけ麺(800円)
  • 焼豚丼(300円)

今回、広島らあめんはノーマルのやつを注文しました(もちろん味玉、チャーシュー追加のやつもあります)。
(※当時の価格は消費税5%計算)

広島つけ麺は、冷たいつけ汁と麺になっています。
また、辛さを普通・中辛・大辛から選べます。麺の量も中盛までは追加料金なしで提供してくれます。

ちなみに麺の量普通盛りが200gで中盛が300gらしいです。都内では割と平均的な価格設定かなと思います。

ラヲタ(ラーメンオタク)は一人で一度にこの量を食べたりするらしいです。ラヲタすごすぎる。
紙エプロンとおしぼり

汚れないように配慮されています

紙エプロンとおしぼりが常備されています。
ワイシャツ姿のサラリーマンや女性客にはありがたいです。

真っ赤なつけ汁の広島つけ麺

広島つけ麺のつけ汁

予想以上に真っ赤

数分待っていると、先につけ麺のつけ汁が出てきました。
めちゃくちゃ真っ赤ですね。これでも辛さは普通にしたんですが、思った以上に赤いです。

広島つけ麺の麺

中盛でもボリュームはそこそこ

しばらくして、麺の方も出てきました。
写真の麺の量は300gです。中盛で結構ボリュームあります。具材はストレート麺、チャーシュー、キャベツ、長ネギ、カットレモンになっています。

広島つけ麺

なかなかの辛さ

つけ麺の味はというと、まず想像以上に辛い。辛さ普通とのことですが辛いです。

しかし、辛い中にも甘み旨みがあって食べ始めるとどんどん箸が進みます。麺も食べ応えがあり、チャーシューも美味い。長ネギの香りが食欲を一層掻き立ててくれます。

麺を半分くらい食べたくらいでレモンを絞れば、さっぱりとした味わいになります。つけ汁に入ったイカ天チップもいいアクセントになっています。

つけ汁のスープ割り

スープ割できます

広島つけ麺のつけ汁はあたたかいスープで割ってもらえます。店員さんに声掛けして割ってもらいましょう。

つけ汁を割るまでは結構辛さが強かったのですが、スープで割るとマイルドになって飲みやすいです。

さっぱりとした豚骨スープの広島らあめん

広島ラーメン

さらっとした豚骨スープ

僕は生まれも育ちも九州で、東京に来るまでは豚骨ラーメンばかり食べていました。そんな背景もあって豚骨醤油のスープを使った広島ラーメンは違和感なく食べられました。

九州の豚骨よりもさっぱりしていて、食べやすいです。量が少し物足りない方は替え玉もあるので注文することをおすすめします。

焼豚丼

焼豚丼

豚肉の脂が美味い

サイドメニューの焼豚丼です。写真を見て分かるように、もちろん美味いです。
なんとなくらあめん元の焼豚丼の味をを受け継いでいる感じがします。

最近のラーメン屋はサイドメニューも美味しいところが多いですね。

東京都内で広島ラーメン・広島つけ麺を食べられるお店は貴重かも

広島ラーメン・広島つけ麺は初めて食べましたが、とにかく美味かったです。

東京都内で広島ラーメン・広島つけ麺を食べられるお店は探しても意外と無いようです。そういった意味でらあめん広は貴重な広島ラーメン・広島つけ麺のお店と言っていいでしょう。

平日は夜22時までお店は開いているので、仕事帰りなどに寄ってみてはいかがでしょうか。

【らあめん広】

項目 詳細
URL https://twitter.com/4CKYjxwHU3vPsiL(Twitter)
住所 東京都千代田区神田佐久間町2-25 梅屋ビル1F
アクセス JR線 秋葉原駅 徒歩5分/東京メトロ日比谷線 秋葉原駅 徒歩5分
定休日 日曜
営業時間 月~金(昼)11:30~15:00/(夜)18:00~22:00土曜・祝日(昼のみ)11:30~15:00

おすすめ記事 【体験談】弁護士の退職代行で有給30日分を取得した話

おすすめ記事 「知らないから落ちる面接の4点減点法」で面接に挑んだ結果