Web技術系中心に割と何でも更新中

【GW】小江戸川越を日帰り観光してきました【蔵造りの街並み】

Travel

こんにちは、mine(@mineblog7)です。

ブログ歴は4年ほどになります。
現在はmineblogを一人で運営しています。

2015年は最大16連休のGW(ゴールデンウイーク)でした。僕は特に海外旅行とか実家に帰省するわけでもなく、家で過ごす毎日でした。

ずっと家にこもりっきりなのも良くないので、遠出せず比較的近場である埼玉の川越に日帰り観光へ行ってきました。

16連休もしたらやる気的な意味で社会復帰が困難になりそうです。

川越は小江戸の町

なぜ日帰り観光の場所を川越にしたかというと、都内から近くて、かろうじて観光スポットだと知っていたからです。

あまり川越のことを知らない

テレビ番組で川越を散策している姿を見て、以前から興味はありましたが、川越がなぜ観光スポットになっているか全然知りませんでした。というわけで、ちょっと予習してみました。

小江戸(こえど)

川越は小江戸とも呼ばれ、歴史を感じられる町です。

小江戸とは「江戸のように栄えた町」「江戸時代を感じさせる町」といった意味合いで使われる、都市の比喩的な表現。代表例としては、埼玉県川越市が挙げられる。
小江戸 – Wikipedia

蔵造り

また、川越は江戸文化の名残があり、蔵造りの家屋が立ち並んでいます。

土蔵(どぞう)とは、日本の伝統的な建築様式のひとつで、外壁を土壁として漆喰などで仕上げられるもの。日常では単に蔵(くら)とよばれることが多く、この様式で作られた建物は土蔵造り・蔵造りなどといわれる。
土蔵 – Wikipedia

というわけで、この蔵造りの街並みと菓子屋横丁を目的に観光へ行きます。
他にも、川越周辺にはお寺がたくさんあるのですが、そんな気分でもなかったので、今回はお寺巡りは見送りします。

JR川越駅-蔵造りの街へのアクセス

今回は東武東上線川越駅から北の方角へ徒歩で向かいます。(もしくは西武新宿線本川越駅から徒歩で向かいます。)

Googleマップで見る

蔵造りの街並みがある場所までは川越駅から徒歩で約15~20分かかります。
川越駅周辺も栄えていて店がいろいろ並んでるのでそれほど徒歩で向かうのは苦ではありませんでした。川越駅周辺はなかなか住みやすそうなところです。

川越駅から蔵造りの街への道中

こいのぼり

こいのぼり

天気も良くてこどもの日が近かったのでこいのぼりがあがっていました。
とてもGW感がありますね。

歩いているとなんだかお祭り気分

山車

山車が出ていました

目的地へ歩いている途中で山車を見かけました。
まわりには出店もいくつ見られ、なんだかお祭り気分です。これから夏にかけて祭が盛んになっていきますね。

大正浪漫夢通り

大正浪漫カフェ

おしゃれなカフェ

メインは蔵造りの街なのですが、それとは別に大正時代を思わせるような建物が並ぶ大正浪漫通りというものがあります。

大正時代を感じる何かの建物

何らかの建物

何か忘れましたが、こんな感じのレトロな建物が並んでいます。

アンパンマンの紙芝居

紙芝居(昔のアンパンマン)

昔ながらのアンパンマンの紙芝居をやっていて、こどもたちが見ていました。こういう伝統というか文化は後世に残ってほしいですね。

蔵造りの街エリア

人混み

予想通り激混み

20分ほど歩いてやっと目的地である蔵造りの街へ到着しました。
GWということもあって予想はしていましたが激混みです。

めちゃくちゃ人で賑わっていて混雑していますが、気にしていてもしょうがないので、散策します。

蔵造りの建物が立ち並ぶ

蔵造りの街並み

昔にタイムスリップしたような街並み

どこを見ても蔵造りの建物が立ち並んでいます。飲食店もお土産屋も、あらゆるお店が蔵造りのままです。

川越元町郵便局

ぱっと見郵便局には見えない

景観を崩さないように郵便局も蔵造りになっています。徹底的に景観の統一がなされています。

川越の時の鐘

時の鐘

街中で目立っている時の鐘

川越の時の鐘は割と有名ではないでしょうか。周りに高い建物がないため、時の鐘が一際目立っています。

鐘つき通り

人気の撮影スポット

鐘つき通りと時の鐘。観光客はみんなこの鐘つき通りから時の鐘の写真を撮っていました。

川越の時の鐘

鐘の真下で説明が見れます

時の鐘は、毎日午前6時、正午、午後3時、午後6時に鐘が鳴るそうです。
しかし、僕は鐘の音を聞こうと思っていたのですが、すっかり忘れて聞き逃してしまいました。

もし、時の鐘を見に行くことがあれば、ぜひ鐘の音を聞いてみてください。

蔵造りの街を食べ歩き

ランチしようかと思ったんですが、予想していたよりも飲食店の数が少なくてどこも行列ができていていました。この暑い中並ぶのも面倒なので、食べ歩きすることにしました。

この日は甘い物ばかり食べることになりました。
いも恋

いも恋(熱々)

いも恋まんじゅう。熱いまま渡されました。めちゃくちゃ暑い中で熱々の饅頭を食べるのも悪くない。

濃茶ソフト

濃厚なソフトクリーム

濃茶ソフトクリーム。ものすごく抹茶が濃くて、全然溶けない。
写真は無いのですが、はちみつソフトクリームと焦がし醤油団子を食べました。

菓子屋横丁混みすぎ

蔵造りの街の隣に菓子屋横丁があります。お菓子とかお土産を売っている店が密集しています。道が狭いので当然人でごった返しています。写真を撮る余裕もありませんでした。

菓子屋横丁に来るなら大型連休は避けたほうがよさそうです。

変わった風景色々

町を散策していると、変わったものがいろいろあったので写真を撮りました。もし、川越に行くことがあれば探してみてください。

なんかの動物

かわいい何かの小動物

カメレオン

5円玉の上にカメレオン

だいこんまん

漬け物屋の前にぶら下がっていた大根たち

蔵カフェ

小江戸蔵里

3時間くらい歩きっぱなしで疲れました。
蔵造りの街とは少し離れていますが、小江戸蔵里というお土産屋などがある施設の中にクラカフェというカフェがあったの、そこでで休むことにしました。

kuracafe

クラカフェ(kura cafe)

いもプリン

いもプリンなるものをいただく

特製のいもプリン。食感はプリンではなくて、いもペーストみたいな感じですが美味しかったです。

かれこれ1時間くらい居座りました。3時間も歩きっぱなしなので長居してしまいました。

おわりに

今まで川越のことはあまり知りませんでしたが、江戸の文化が残っている情緒溢れるところでした。今回は蔵造りの街周辺だけを観光しましたが、他にもたくさんのお寺や、公園などもあります。

2020年は例のウイルスの影響で、外出自粛になっていますね。
観光とか行けない状況ですが、いつか落ち着いたら川越にも足を運んでみてください。

おすすめ記事 【体験談】弁護士の退職代行で有給30日分を取得した話

おすすめ記事 「知らないから落ちる面接の4点減点法」で面接に挑んだ結果