Web技術系中心に割と何でも更新中

【経験者が語る】退職代行を使う人は悪なのか問題を考える

Business

怒っている人

退職代行にマイナスイメージを持っている人
「退職代行を使って会社を辞めるやつなんて最低だ!会社にも迷惑かけるような責任感の無いクズだ!」

こういった意見についてお応えします。

本記事の内容

  • 「退職代行を使う人は悪なのか問題」に対しての体験者の見解

こんにちは、mine(@mineblog7)です。

ブログ歴は4年ほどになります。
現在はmineblogを一人で運営しています。

僕は過去に弁護士に退職代行を依頼し、勤めていた会社を退職した経験があります。

【参考】詳しい体験談

退職代行サービスに対してどんなイメージを持っていますか?
退職代行サービスは賛否両論あるサービスなので、持っているイメージは本当に人それぞれだと思います。

この記事では「退職代行を使う人は悪なのか問題」を考えます。
実際に退職代行の経験者である僕の意見としては結論、「悪では無いけど善でも無い」です。

なぜどっちつかずの結論なのか、詳しく説明します。

退職代行は決して悪ではない

救われる人

まず言いたいのは、退職代行によって救われる人達がいるという事実です。

退職する理由を考えてみる

例えば、人が会社を退職する理由を考えてみます。
具体的な退職理由としては、次のようなものが挙げられます。

退職を考える理由

  • 給与が支払われない
  • 人手が少なくて辞めづらい
  • パワハラ・セクハラを受けていた
  • 残業が多すぎて体調が悪くなった
  • 退職を伝えても言いくるめられてしまった

こういった理由から退職を考えるわけですが、退職を直接会社に伝えられない人達がいます。それが退職代行利用者予備軍ですね。

退職代行を利用することで救われる

退職を直接会社に言えないってどういう事?意味がわからない。

このような考えはもっともで、ぐうの音も出ません。
しかし、性格・経験・置かれている環境などにより直接退職を伝えられない人は存在します。

退職を伝えられない原因

  • 上司が高圧的で恐怖を感じる
  • 仕事に対する責任感(周りに迷惑をかけられない)
  • 辞めるといったら暴力を振るわれる(もしくはその状況を見たことがある)
  • 辞めるまでの間の同僚・上司の目に耐えられそうにない
  • 退職を伝えたが却下された

はっきり行って、社員が辞めるということに関しては法律的に拒否できません。
しかし、退職を伝えられない人の精神状態は様々な要素が混じり合っていてそういった単純な話じゃないんですよね。

こういった悩みを一発で解決できるのが退職代行なのです。

僕も退職代行で救われた人の中の一人です。

退職代行を使われることを考えてみる

会社

退職代行を使う人からすると、当然「使って良かった、解放された」というポジティブな意見になります。

逆に退職代行を使われた立場からすると、退職代行を使う人は決して善ではありません。

会社からすると退職代行はマイナスイメージ

基本的には、会社からすると退職代行はマイナスイメージをもってると考えられます。

例えば、自分が会社で働いていて繁忙期でめちゃくちゃ忙しい時に、同僚に急に辞められたら少なからずイラッとしますよね。会社もまさにそうで、マイナスイメージを持たざるを得ません。

会社が退職代行利用に抱く感情

退職代行を利用された会社は具体的にどんな感情になるのかを少し詳しく考えてみます。

会社が抱く感情

  • 非常識で無責任
  • まったく心当たりがない
  • 一定の理解を示す

それぞれ詳しく説明します。

非常識で無責任

「退職代行で辞めるなんて、あいつは社会人として非常識だ!他の社員に迷惑かけて無責任にもほどがある!」といった感情を抱かれる可能性があります。パワハラがあったり、残業が多いなど体質の良くない会社は特にそうかも知れません。

こういう感情になるのも理解はできます。実際、いきなり辞められたら同僚や上司の負担が増えることもあるでしょう。

会社には、なぜ退職代行を使われたのかを考えて改善をして欲しいところです。

まったく心当たりがない

「前日まで、退職するとかそういう話もしなかったし、そんな素振りもなかった」というパターンもありえます。

しかし、退職する人が具体的に話をしなかっただけで色々な不満が積み重なって、ある日爆発して急に退職するというケースもあります。

日頃からコミュニケーションをとっておくなどの対策が大事になります。

一定の理解を示す

「まあ、残業も多くて忙しかったし仕方ないか。」と退職代行に対して一定の理解を示す会社もあると思います。

「仕方ないか」で済まして終わりではなくて、そうならないように会社は改善すべきです。

会社は教訓にするしかない

会社側は退職代行を使われたことは仕方ありません、どうしようも無いので。退職代行を使われる状況にしてしまったことを教訓にするしかありません。

日頃のコミュニケーションは特に大事になります。
意見を言いやすい環境づくりも会社には求められます。

まとめ

退職代行を使う人は悪なのか問題について再度まとめます。

【結論】:退職代行を使う人は悪では無いけど善でも無い

ポイント

  • 退職代行で救われる人達がいる
  • 退職代行を使われた会社には多少なりとも迷惑はかかる

結局は、退職代行を使わなくて良い世の中になるのが一番なんですよね。

おすすめ記事 【体験談】弁護士の退職代行で有給30日分を取得した話

おすすめ記事 「知らないから落ちる面接の4点減点法」で面接に挑んだ結果