Web技術系中心に割と何でも更新中

【2020年版】5記事でGoogleアドセンス合格したときの状況を無料公開

Blog SEO

この記事について

ブログで収益を上げたい人
「Googleアドセンス審査に合格できない」
「Googleアドセンスに合格するにはどうしたらいい?」

こういった声にお答えします。

本記事の内容

  • Googleアドセンスに合格するまでにやったこと、やってはいけないこと

こんにちは、mineです。
ブログ歴は4年ほどになります。以前別の雑記ブログを運営していました。

ブログで収益化する方法として、クリック報酬型広告があります。
クリック報酬型広告として、代表的なものがGoogleアドセンス(※以下、アドセンス)です。

アドセンスの審査は年々厳しくなっており、なかなか合格できないブロガーの方が多いようです。

2015年ごろに別の雑記ブログでアドセンスに申請したときは、大して中身のない記事を数記事投稿しただけで一発合格でした。
はっきり言うとこの頃の審査が甘すぎただけで、年々Googleのアルゴリズムも進化して正常な審査基準になってきている証拠です。

初めに、悲しいお知らせをしなければいけません。
はっきり言ってアドセンス合格のための絶対的な方法はありません。

「は?アドセンス合格の方法を知りたいんだけど、無いの?」
気持ちは分かります。しかし、同じ内容・状況のブログなんて存在しませんし、アドセンスの審査基準も非常に抽象的であるため、絶対的な方法はありません。

しかし、アドセンス合格に近づけるような情報を提供することはできます。

このmineblogは公開から2週間、5記事でアドセンス合格しています。
合格までにやったこと、失敗したことも含めて詳しい状況を完全無料で紹介します。

前提として、CMSにWordPressを採用したブログを想定しています。

ドメイン調査・取得

調査

まず、サイトを構築するためのドメインの調査・取得を行います。
下記のようなドメイン取得サービスを利用すれば、簡単にドメイン取得することができます。

主要なドメイン取得サービス

  • お名前ドットコム
  • エックスドメイン(※当ブログのドメインはここで取得しました)
  • バリュードメイン
  • ムームードメイン

ドメインを取得する前に、ドメイン調査は必ず行いましょう。
別記事で、具体的なドメイン調査方法を紹介しています。

【参考】ドメインの調査方法

僕は調査をせずに悪いドメインでブログを始めてしまった経験があるので、皆さんはドメイン調査は必ずしっかりと行ってください。

レンタルサーバー契約(SSL・https化できるもの)

サーバー

ブログを運営するためのレンタルサーバーを契約します。
SSL・https化サービスがあるレンタルサーバーを契約することをおすすめします(セキュリティ、サイトの信頼度、SEO評価の向上のため)。

※下記の主要なレンタルサーバーは無料SSLを利用可能です。

主要なレンタルサーバー

  • エックスサーバー(※当ブログ契約)
  • ロリポップ!
  • さくらのレンタルサーバ
  • カゴヤのレンタルサーバー
mineblogでは、エックスサーバーを契約しています。
先述したエックスドメインを利用すれば、同じ会社のサービスなので、ネームサーバーの設定などを行わなくてすむので勝手が良いです。

WordPressインストール

wordpress

WordPressはCMS(Contents Management System)として、とても優秀です。
万人に使いやすく、様々な機能を追加できるプラグインが数多く存在しており、ブログ初心者も安心して使うことができます。

主要なレンタルサーバーでは、ボタンをポチポチ押すだけでWordPressをインストールできる機能がついており、導入も非常に簡単です。

WordPressの仕様方法やカスタマイズ方法など、Web上でも非常に情報が多いです。また、WordPressはSEO的にも非常に優れたCMSということもあり、ブログ運営で無料で利用できるCMSとしてはほぼWordPress一択といっても過言ではありません。

テンプレート選択

テンプレート

WordPressで使用するテンプレートを選択しましょう。
以下はブログ運営でよく利用されている代表的なテンプレートです(SEO対策もばっちり)。

ブログで利用される代表的なWordPressテンプレート

テンプレート名 説明
Manablog Copy
(※当ブログで採用)
有料テーマ/中~上級者におすすめ
非常にシンプルで、記事の読みやすさを意識されており、SEO対策もされているテンプレートです。他のテンプレートと違い、余計な機能はすべて削ぎ落とされています。必要最低限の機能だけが実装されているので、初心者が扱うには難しいかもしれません。
SANGO 有料テーマ/初心者におすすめ
パステルカラーの非常に洗練されたマテリアルデザインで、SEO対策も万全のテンプレートです。ブログでよく見かけるテンプレートです
AFFINGER 有料テーマ/中~上級者におすすめ
アフィリエイト向けのテンプレートです。本格的にアフィリエイトをやりたい人にはおすすめです。
JIN 有料テーマ/初心者におすすめ
洗練されたデザインで、機能も充実しています。このテンプレートを利用すれば余計なことは考えず記事を書くことだけに集中できます。
Cocoon 無料テーマ/初心者におすすめ
本当に無料で良いのか?というくらい機能が充実したテンプレートです。「テンプレートでお金使うのはなぁ」と考えている人はとりあえずこのテンプレートを使っておけば間違いないです。
テンプレート選びは最終的には自分の好みです。
各テンプレートの詳細を見て、自分のブログのコンセプトや用途に合ったものを選びましょう。

独自性・付加価値のある記事を投稿する(合格時5記事)

価値

アドセンスに合格する上で独自性・付加価値のある記事を書くことが重要になります。

アドセンスでは、独自性・付加価値のある記事を提供するように下記のガイドラインに記されています。
ウェブマスター向けの品質に関するガイドライン

アドセンスで不合格になる理由として、価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)というものが最も抽象的で改善に難しいと思われます。僕も以前別のブログでアドセンス申請した時に、この理由で不合格だったことがあります

参考までに、アドセンスに合格した時点での5記事を紹介します。

合格時の5記事の設定キーワードと検索意図を紹介

設定キーワード:[ブログ 1000文字]
検索意図:ブログで1000文字必要かどうか、本当のところを知りたいという疑問に答える記事

設定キーワード:[仕事 辞めていい]
検索意図:仕事をやめていいかどうか、その疑問について体験談を踏まえて回答している記事

設定キーワード:[退職代行 体験談]
検索意図:実際に退職代行を利用したリアルな体験談を掲載している記事

設定キーワード:[ドメイン調査]
検索意図:ドメイン調査をすべき理由と、具体的方法を紹介している記事

設定キーワード:[サテライトサイト制作]
検索意図:サテライトサイト制作時にやってはいけないことを紹介する記事

アドセンス申請するときは、記事は少ないほうがベターです。
その理由としては、不合格だった時に原因を特定しやすいことが挙げられます。

アドセンスに合格するということは、ブログがある程度の品質を担保できているという証明なので、合格するまではそこまで記事は増やさずに、既存の記事を更新していくほうが個人的におすすめです。

問い合わせフォーム作成

WordPressでは、問い合わせフォームを作るためのプラグインがあります。
WordPressで問い合わせフォームを作成する方法をいくつか紹介します。

WordPressで問い合わせフォームを作成する方法

方法 説明
プラグイン
Contact Form 7
お問合せフォーム作成のためのWordPressプラグインです。画面遷移なしの非同期で入力内容を送信することができます。
プラグイン
MW WP Form
お問合せフォーム作成のためのWordPressプラグインです。確認画面・完了画面を分けて細かいデザインが可能です。また、お問い合わせ内容をデータベースに保存してWordPressの管理画面から一覧で確認することができます。
Googleフォーム アンケートやワークシートなど多くのテンプレートが用意されており、これを利用してお問合せフォームを作成することができます。お問い合わせ内容を指定したメールアドレスに飛ばしたり、スプレッドシートに一覧で保存することができます。

プラグインのデメリット

  • WordPressの更新やプラグイン同士の干渉で不具合が起こる可能性あり
  • HTML、CSSを触る必要がある

Googleフォームのメリット

  • Google側で何かが起こらない限り不具合は起きない(起きても復旧は早い)
  • HTML、CSSを触る必要がほぼなく、Googleフォームで吐き出されるコードをコピペするだけでOK

こういった理由から、mineblogでは問い合わせフォームはGoogleフォームで作成しました。

【参考】mineblogの問い合わせページ

Googleフォームで問い合わせフォームを作る方法

解析ツールを導入

アナリティクス解析

下記解析ツールを導入しましょう。
各ツールのページを確認して手順通り進めれば導入できます。

解析ツール

また、WordPressプラグイン「Google XML Sitemaps」を使うことで、ブログ記事の更新と同時にサイトマップを更新することができます。
サイトマップが更新されると、サーチコンソールへ通知され検索クローラーの巡回を促すことができます。

プライバシーポリシーと免責事項ページ作成

プライバシー

近年EU一般データ保護規則(GDPR)施行によりASP、Googleアナリティクス、Googleアドセンスの利用、FacebookアプリID発行などにおいて、プライバシーポリシーページを用意する必要があります。

Googleアドセンスにおいても必須コンテンツとしてプライバシーポリシーが記載されています。

しかし、プライバシーポリシーってどうやって書くのかって正直分かりませんよね?
mineblogのプライバシーポリシーを参考(コピペ)にしてもらってOKです。

下記、minebloのプライバシポリシーと免責事項ページになります。

【参考】プライバシーポリシーと免責事項ページ

【簡単コピペ】ブログのプライバシーポリシーの書き方【ほぼ義務化】

mineblogでは、Googleアドセンス、Googleアナリティクスを利用しており、それに沿ったプライバシーポリシーとなっています。

他にも、プライバシーポリシー作成で参考になりそうなサイトを紹介しておきます。
キーワード[プライバシーポリシー 雛形]で検索すれば、使えそうな情報が出てきますよ。

【参考】ZO&SITE

たったこれだけでブログのSEO評価が上がる?!プライバシーポリシーの作り方 | ZO&SITE

雛形が3パターン用意されているので、自分の運営サイトやブログに合ったものを採用するといいと思います。
雛形だけではなく、プライバシーポリシーについて色々掘り下げて解説もしているので、非常に参考になります。

プロフィールページ作成

まずは、最低限のプロフィールは用意しましょう(※mineblogのサイドバーとかに表示している程度のもの)。

mineblogの場合、プロフィールページを作成して、より細かい経歴を書きました。
ブログの作者がどういう人なのか、ブログはどういうコンセプトなのかを内容に含めることでサイトに対する信頼度を上げる事ができます。

【参考】プロフィールページ

プロフィールページを作成するなら内容はしっかりと書くことをおすすめします。
内容が薄いのであれば、プロフィールページは作成せずにサイドバーに表示させる程度でもいいです(実際にプロフィールページがなくてもアドセンス合格できている人もいる)。

重複したり内容の薄いページをnondexにする

薄い

WordPressでいうカテゴリ、タグなどのアーカイブページ(記事一覧と内容が重複する)や、内容が薄いページはnoindexにしておきましょう。

WordPressでは、「All In One SEO Pack」というプラグインが使用できます。
タイトル、ディスクリプション、noindexなどの設定を簡単に行うことができます。

Noindex設定にて、下記項目にチェックを入れておきましょう。

All In One SEO PackでのNoindex設定でチェックすべき項目

  • カテゴリーに noindex を使用する
  • 日付別アーカイブに noindex を使用する
  • 投稿者アーカイブに noindex を使う
  • タグアーカイブに noindex を使用する
  • 検索ページに noindex を使用する
  • ページ/投稿のページ送りに noindex を使用する

制限事項がコンテンツに含まれていないかチェックする

アドセンスには「サイト運営者/パブリッシャー向け制限事項」というものがあります。

こちらに抵触すると広告が全く表示されなくなることがあります。
アドセンスで収益を出したければ、ブログの内容が制限事項に抵触していないかどうか目を通しておくとよいです。

アドセンスアカウントが重複していたら、閉鎖して1つにする

アドセンス閉鎖

アドセンスのアカウントは基本的に一人一つまでと定められています。

複数のアドセンスアカウントを作ってしまうと、「アドセンスから重複しているので、別のアカウントを閉鎖してから再申請してください」という通知が来ます。

審査する前に、別のGoogleアカウントでアドセンスアカウントを作っていないかを確認しておくと、スムーズです。
重複の通知が来ても、片方を閉鎖してもう一方のアカウントで再審査すればOKです。いきなりBANとかにはなりませんので安心してください。

審査中はどうすべきか

審査中はどうする?

基本的に数日で審査結果が届きますが、長いと2週間ほどかかると言われています。
mineblogも申請して2週間かかりました。

審査中は、基本的に結果がでるまでひたすら待つでいいです。
もし、2週間しても結果が届かなかったら、新たに記事を更新するのも一つの手です。

正直、ここはGoogleのみぞ知るところです。

Googleアドセンス合格
mineblogの場合は、審査中に更新して不合格だった時に、不合格の原因となる候補が増えてしまうので、ひたすら待ちました。
2週間を過ぎてもなお結果が届かなかったので、1記事更新してその2日後くらいに合格通知が届きました。

まとめ

【結論】:この記事に書いてあることを一通り実践して、独自性のある記事を書けばOK

独自性のある記事を書くのが一番難しいんですけどね。

おすすめ記事 【体験談】弁護士の退職代行で有給30日分を取得した話

おすすめ記事 「知らないから落ちる面接の4点減点法」で面接に挑んだ結果